お問合せ English ホームへ戻る ホームへ戻る ページトップへ
東北に根ざす唯一の独立系ベンチャー:東北イノベーションキャピタル
TICCについて
ベンチャーファンドのしくみ
投資プロセス
東北インキュベーションファンド
東北グロースファンド
TICC大学連携ファンド
投資先企業へのリンク
トピックス
お問合せ
ベンチャーファンドのしくみ
TICCの行うベンチャー投資は、大学等の技術シーズを活用した東北地域の技術指向型ベンチャーを中心に、将来の株式公開やM&Aが見込まれる株式未公開のベンチャー企業等を発掘、調査し、当該企業の株式等をファンドを通じ取得し、投資を行ってまいります。
投資先企業の企業価値向上を図るため、徹底した支援・育成活動を進めていきます。これらを通じ、投資先企業の株式公開後に株式を売却すること等により、利益を得ることを主たる目的としています。
投資の流れ
ファンド(投資事業有限責任組合)による投資
資金調達力に劣るベンチャー企業がその成長・発展をより確実にしていくためには、従来からのさまざまな経営支援のしくみに加え、直接金融による円滑な資金調達のしくみが必要となります。
しかし一般にベンチャー企業への投資は、リスクが伴い、単独の企業、個人で行うには非常に困難なものがあります。TICCは、「投資事業有限責任組合契約に関する法律(有責法)」に基づく組合の無限責任組合(ゼネラルパートナー=GP)として、組合の運営・管理、投資先企業の選定および投資の実行を、組合に出資された資金を原資として行ってまいります。投資事業有限組合によるファンド資金をもってポートフォリオ投資を行うことにより、出資者にとっては投資リスクの軽減を図ることができます。同時に、投資を受ける企業にとっても、成長段階に応じたタイムリーな資金の調達を適切な経営サポートとともに受けられるというメリットを享受することができます。
COPYRIGHT (C) 2004 TICC. ALL RIGHTS RESERVED.